あまり見られなくて辛い?ホームページの閲覧者数を増やす方法

何と言っても名前が重要!引き付けるタイトルが必要

ホームページを作成していると、閲覧者数が少なくてやめたくなっちゃう時があります。たとえどんなに面白いものを書いていても、どんなに有益なことを書いていても、見てもらえないことには意味がありません。そこで、まず閲覧者数を増やすためにやるべきことが、ホームページのタイトルを変えるということです。例えば「株日記」と言われたホームページよりも「株で一発逆転してやる!」と言った感じに、一発逆転みたいな目にかかる言葉を入れることが重要なんです。人を呼べる環境を作ってから、中を作ることが定期的に拝見する閲覧者数を増やす道になります。

ランキングに参加しよう

面白いタイトルをつけても中々思うように閲覧者数が伸びない。そういった時は、何かしらのランキングに載せましょう。それはブログランキングでもいいですし、変な情報サイトランキングでもいいです。日の目の浴びるところにでましょう。ただし、注意が必要です。次第に人の目につくようになると、何かしら批判を言ってくる人がいます。そういったことを気にすると辞めたくなってしまうので、気にしないようにしましょう。また、ファンなどが出てきたらそれに答えるよう更新頻度を上げることが重要です。

SEOを使った応用テクニック

SEOとは検索エンジン最適化の事を言うのですが、これはなるべくキーワードで検索サイトの上位に位置づけようとするものです。企業等が自分たちのことをアピールするために、引っかかりやすいワードを使って上位に持ってこようとしています。普通の人がやると難しいかもしれませんが、今流行りのドラマやアニメを使うことでそういったこともやりやすいんです。なので、記事を書いては検索してみて、どのような感じで現れるか感じてみてください。こうやって、少しずつ閲覧者数を増やしてください。ホームページはたくさんの人に見てもらえる時幸せを感じますからね。

ホームページ作成とSEOは同時に行うのが一般的で、ホームページ上に頻出する単語やキーワードをタグに埋め込み検索エンジンに見つけやすくするのが基本です。